人気ブログランキング |

ジロです。

今回のお相手は、ゆうさん(仮名)。20代前半の学生さん。リケジョさんですね。
「彼氏としても感じない。不感症かも・・・」とのお悩み解消のため

今回は○○駅で待合せてのスタートです。

ふと振り返ると、事前に知らせて貰っていた服装の女性が超笑顔でみつめてます。
アイコンタクトでお互いを確認した後

ジ「こんにちは」
ゆ「こんにちは。今日はよろしくお願いします。」

事前に顔写真を送付頂いてたのですが、実物はよりチャーミングな感じですね。
とにかく礼儀正しく、ハキハキして笑顔が素敵です。

近くのホテルに着いてから、ゆっくりと話を聞いていきます。

歴代の彼氏、いずれも気持ちよくなったことがないんです・・・。
毎回、演技ばかりで・・・疲れました・・・。

ジ「何か対策は取ってみたのですか?」
ゆ「これ・・・使ってみたんです」

と言って小瓶と小ケースをカバンから取り出しました。

ジ「???」
ゆ「これ・・・感度アップのために・・・」

膣内の感度アップのクリームと、媚薬ドリンクみたいです。
リケジョらしく探求心がすごい・・・。

ジ「おぉ~、初めて見た・・・どうでしたか?」
ゆ「いえ・・・ダメでした・・・」

クリームは熱を帯びる感じはするけど、気持ちよいまで達しないそうです。
媚薬ドリンクは効果が効き始めるのに30分程度要するようです。
なので、性交渉前に飲んで試そうとしたものの・・・。

ゆ「当時の彼氏が30分持たずで・・・」
ジ「それは・・・想定外・・・(苦笑)」

ジ「これらは、どこで買うのですか?ネット?」
ゆ「いえ・・・ドンキで・・・」

ジ「ドンキ!!あの・・・噂のエロコーナーで!!!」
(大袈裟ですいません・・・)

ジロも幾度か、その一角に入ったことはあります。
でも、そこで購入する勇気はございませんでした。

なのに、この眼前の女性が・・・。
(だから、大袈裟やねん!)

信頼すべき友達と一緒に行ったそうです。
ジロは命名しましょう。その友達をドンキちゃんと。

他にも、ローターやバイブ等の玩具でオナニーしてみたり・・・。
医者にまで診て貰ったり・・・。

ゆ「ジロさんでダメなら、もう諦めます・・・」
ジ「えっ!そんな思い詰めなくても・・・」

まぁ、お風呂準備して入っていきましょうね。
先に入ってもらってから、後でジロが入っていくかたちです。

ゆ「もう大丈夫です」
ジ「はーい」

湯船に浸かり、最初は体育すわりで身体が見えないようにがっちりガード。
やっぱり照れますよね・・・。

ジロもさっと身体を洗い、湯船に浸かっていきます。
肌を触れ合ったり密着して湯船に浸かるのはスキンシップを図る上で重要とジロは捉えています。
(今後体験される方も、ここは是非お付き合いくださいね)

自称色黒とは言うものの、全然問題ないレベルと思います。
スレンダーながら適度にメリハリのあるナイスなボディですね。
Cカップ乳の一般的な男性から最も好まれる体形の持ち主・・・かも。

お風呂から上がり、バスタオル姿でベッドのふちに座って少し涼んでから
通常通り、行っていきましょう。

最初に髪の毛をソッと撫でていきます。
そのあと、頬やアゴ、耳や首へと続けていきます。
あくまで、優しくソフトなタッチで淡い快感を楽しんでもらいます。
反応控えめなのかな・・・、うん?そうでもないような・・・。

腕・掌を愛撫し、ゆっくりと抱きかかえ半身の姿勢にしながら、背中も愛撫していきます。

仙骨の辺り、そして背中全体を大きく円を描きながら下から上に。
肩甲骨や肩の辺りも入念に行います。

「あっ・・・んっ・・・んっ・・・あっ!・・・」

ピクッピクッと明らかに反応が表れてきましたね。
背中と並行して、お尻やその割れ目付近から女性器までを、なぞるように愛撫していきます。

「はぁっ!!・・・んっ・・・はぁっ!・・・あんっ!!」

時折、ビクッと反応しながら、いやらしく身体をくねらせるようになってきました。
そんなに他の体験者と変わらないかも・・・。

頃合いを見て元の姿勢に戻して、鼠けい部からお腹、胸へと続けます。
乳房から乳頭にかけてらせん状に愛撫。
ぎりぎりまで近づけながらの寸止めを繰り返します。

「はぁ・・・はぁ・・・あっ?!・・・うぅん・・・」

胸の焦らしに、すっごい切なそうな感じ・・・。
あれっ?平均以上に反応良いような・・・
なので、幾度も幾度も寸止めを繰り返し焦らしていきます。

あっ?!・・・うぅん・・・はぁっ?!・・・うぅん・・・」
はぁっ・・・・あっ!!・・あっ!!・・・・うぅん・・・」

そして乳首の愛撫。上端に触れるか触れないかのタッチでスライド。
続けて、横からつまんだりこねたり弄びます。

ゆ「あっ!・・・あんッ!!!」

焦らした分もあり、とても良い反応です。
もう片方の乳首は、舌で触れるか触れないかのタッチでペロリ。
続けて、口中で軽く転がしたり、強い目に吸ったり・・・。

ゆ「あっ!・・・あんッ!!!・・あんッ!!!

双方の乳首が、コリッコリになっちゃいました。
一旦止めると、荒い息遣いが聞こえてきます。

その後に、下半身へと続けていきます。
足先~太ももを愛撫していきます。

「はぁっ!!・・・んっ・・・はぁっ!・・・あんっ!!」

ここでも継続してよい反応を示しています。
苦手と言っていた鼠径部付近に軽くキスしながら、さらに内ももへと攻め込むと

はぁっ!・・・あんっ!!」

いよいよ柔らかな茂みに包まれた女性器に攻め込みます。
すでに、よく濡れてます・・・。

クリトリス1点集中でいきましょう。
包皮の上から。クリトリスを吸引し剥いていき、直接舐めていくと

あっ!・・・いやっ!!いやぁ~!!

逃れようと腰や上半身をくねらせますが、ロックオン状態なので離れません。
ジロの視線の先には、張りのあるバストに隆起した乳首。
その間から、とてもエロい表情のゆきさんが・・・。

ジ「どこが不感症やねん・・・(心の声)」

さらに、敏感な胸も併せて攻めていくと、ビクンと上体が跳ね上がりながら

「あんっ!!いやぁぁ!!」

膣内は不発でしたが、良い眺めなので、ずっと舐められそうな感じ・・・。
良い線までいってるけど到達はせずでしたが、当初目的は果たしたでしょう(笑)

自分の表情を気にせず、(純粋に感じることに集中できました!
(いつもは相手にどう映ってるか気になって集中できなかったそうです・・・)

まずは、良いイメージを積み重ねていきましょう。
イクことも重要だけど、快感を楽しむ、没頭することも大切なように思います。
結果的にイケたらラッキーくらいに軽く考えてもらったら性交渉も前向きに捉えられると思います。


P.S.
 初の月次キャンペーン希望者(第二条件)でした。
 第二条件談話の前に聞いた、ドンキのエロコーナーで買い物した話がインパクト強すぎて・・・
 談話が全く入ってこなかったのは、ここだけの話です(笑)

ジロに協力してもらいたい女性は、こちら

by maxorgasm | 2018-09-17 22:22 | Comments(0)

ジロです。

今回のお相手は、ひかりさん(仮名)。20代前半のクリエイターさんです。
「イってみたい。処女だけど・・・できればフェラも教えてほしい」とのご要望に応えるため。

今回は、キャンペーン利用なので三ノ宮駅で車で待ち合わせてのスタートです。

ジ「はじめまして。こんにちは。」
ひ「はじめまして。今日はよろしくお願いします。」

事前のやり取りでは、礼儀正しい好印象な女性でした。
一見すると、小柄で色白な笑顔がとても可愛らしい女性ですね。

ジ「本当に経験ないの?」

再度確認してしまいました(汗)
彼氏持ちだけど、遠距離恋愛で全然会えてないそうです。
なるほど・・・ね。

でも、その次が衝撃的でした・・・。

ひ「ナイトな副業をしています・・・」
ジ「飲み・・・?風・・・?」
ひ「風・・・」

人は見た目では判断できませんね。話してみないと・・・。
でも・・・、車中でも、よく喋りますね。
あんまり緊張している感じはないです。

ホテルに到着しても同様です。
ニコニコと感じがよいので、こちらもついつい話してしまう。
軽く1時間は経過してました・・・。

あらっ?!・・・アカンアカン。

本来の目的と異なるので切り替えて・・・風呂の準備をします。
準備が整った後、先にひかりさんにお風呂に入ってもらいます。

ひ「もう大丈夫です!」

ジロも、そそくさと服を脱いで入っていきます。

椅子に座ってもらって、首筋から肩、腕にかけてゆっくりやさしく洗っていきます。
手や指も同様に。そして、背中や身体の前面(お腹周り、バスト周り)を洗っていきます。

最後に立ってもらい、お尻や下半身を洗っていきます。
桃のような、とても綺麗なお尻をしている、ひかりさんです。

でも、慣れてるのかな・・・。
平然としており、反応少ない・・・。

深追いせず、お風呂から上がり、バスタオル姿でベットに移動。
そのままベットに寝かせて、性感マッサージから行っていきます。

これまで反応少なめなので、全神経を集中させながら、丁寧に行っていきます。

最初に髪の毛をソッと撫でていきます。微弱な感覚ではありますが意外と効果ありです。
そのあと、頬やアゴ、耳や首、腕へと続けていきます。
あくまで、優しくソフトなタッチで淡い快感を楽しんでもらいます。
そして、ゆっくりと抱きかかえ半身の姿勢にしながら、背中も愛撫していきます。

仙骨の辺り、そして背中全体を大きく円を描きながら下から上に。
肩甲骨や肩の辺りも入念に行います。
やはり反応が少なめ・・・。

また元の姿勢に戻して、鼠けい部からお腹、胸へと続けます。
乳房から乳頭にかけてらせん状に愛撫。
ぎりぎりまで近づけながらの寸止めを繰り返します。

ひ「あっ?!・・・はぁっ・・・はぁ・・・うぅん・・・・・・」

少しずつ反応が表れてきました。
なので、いつも以上に焦らしていきます。

ひ「あっ?!・・・はぁっ・・・あっ?!・・・うぅん・・・・・・」
ひ「あっ?!・・・あぁ!!・・いやっ?!・・うぅん・・・・・・」

乳首に触れそうで触れない、触れなそうで少しだけ触れる。
自ら上半身をくねらせて触れさせようとするのを、見透かしてあえて触れない・・・。
(ここでの焦らしの効果は抜群ですので、男性の方は参考にしてみて下さい)

そして乳首の愛撫。上端に触れるか触れないかのタッチでスライド。

ひ「あっ!・・・あんっ!・・・」

控えめな感じですが、高まってきているようです。
続けて、横からつまんだりこねたり弄びます。

ひ「あんッ!!!あんッ!!!」

反応がよいため、さらに舐めていきます。
しっかりと女性器が濡れていることを確認。
その後に、下半身へと続けていきます。

ひかりさんは全身脱毛をされている最中なので、アソコの毛は薄めです。
でもまだ完全脱毛状態でないので、まだらになってる様が・・・。

ジ「俳優の温水何某さんの頭髪っぽいかも?(心の声)」
(失礼!!)

それはさておき、足先~太ももを愛撫していきます。
さらに、内ももから女性器に触れるか触れないまで攻め込みます。

ひ「はぁ・・・はぁ・・・はぁん・・・」

女性器の周辺を愛撫しながら、さらにじらします。

ひ「はぁ・・・はぁ・・・あっ!・・・うぅん・・・」

濡れていることを確認したのちに、いよいよ本丸へと進みます。
クリトリスの皮をむき、その先端を優しく指先で触れていきます。

ひ「はぁ・・・あっ!・・・はぁ・・・あっ!・・・」

反応は少なめですが、いやらしく腰をくねらせています。

ひたすら一定のペースで、クリ責めを続けていますが反応がいまいち・・・。
もしかして・・・

クリトリスの包皮から、あらためてクリ責めを続けると反応がよくなってきました。
さらに、反応の良かった乳首を併せて舐めていくと

ひ「あっ!・・・あっ!・・・あっ!・・・」
ひ「あんっ!・・・あんっ!・・・あんっ!・・・」

途中で攻守交替しフェラの練習を挟みながら
責め始めて小一時間経過した後に、少し上半身が反りあがって硬直。

ひ「あっ!!!・・・・・・・・・」
ひ「イっちゃいました・・・(照)」

ジ「えっ?!」

控えめな感じだったので、ジロの方がびっくりしました・・・。
イク時の反応って、人それぞれですよね(笑)

それから、また話し込んじゃって・・・。
結局、6時間も居てました・・・。

P.S.
 ひ「お店教えましょうか?」
 ジ「えっ?!身バレ情報はいいよ・・・」
 ジ「カモ客にされる自信ありありですから・・・(心の声)」

性感マッサージ体験されたい方は、こちら



by maxorgasm | 2018-09-17 16:03 | Comments(0)

ジロです。

性感マッサージ体験まではちょっと・・・。
とりあえず食事のみご希望のセレブ系のあすかさん(仮名)。30代後半の人妻です。

歳の離れた旦那様のおかげで主婦業に専念できているものの、育児ストレスを発散する場を
逆に持てなくなっている、恵まれているようで恵まれていない環境下にいるようです。

そして、旦那様との性生活にも不満があったので、大いなる不安の中で少し興味があると連絡を頂きました。

すごい緊張されているのか、情緒不安定なのか・・・。
最初は、とても挙動不審なメールから始まりました。

どんなことするの・・・?
挿入は避妊具つける?
芸能人て誰似?

やっぱり(体験は)結構です。

でも、やっぱり誰にも相談できないので・・・。
不安で一杯なんです・・・。


相当、勇気がいることなのでしょうね・・・。
一度は延期になったものの、なんとかお会いすることになりました。

某駅前で待合せします。
一見すると、華やかな雰囲気で若干バブリー(失礼!)感のある、あすかさんです。

近くの喫茶店へ移動し、あすかさんの話を聞いていきます。

旦那がオトコでなく、家族となってしまったのかも?
義務的になって・・・、もしかして不感症なのかも?

旦那さんは、まだ子供が欲しいみたいですね。
あすかさんは、もう2人いるので子供はいい。育児大変だもの。
それに旦那に抱かれても感じないそうです。

あ「ちなみに、どんなことするんですか?」
あ「行かないけど(キッパリ)」

普通に仲良いし愛していることには変わりないんです。
食事やお酒の趣味も合うんです。

あ「で、どんなことするんですか・・・?」
あ「ホント行かないけど(キッパリ)」

ジ「ブログに記載の通りですよ。」
ジ「聞いても意味ないんちゃうの?(心の声)」

喫茶店の込み合う時間帯みたいで、周りにお客さんが一杯です。
なので、もう少し時間あるなら、少しお酒でも・・・と誘うと

あ「はい。大丈夫ですよ。行きましょう!」
ジ「えっ?!・・・来るんや。(心の声)」

そして、近くの昼のみスポットへ移動して乾杯します。

あ「はぁ~美味しい!久しぶり・・・。」

子供の世話、家事の繰り返しで息が詰まっていたのでしょうね。
少しばかりの時間でも、リラックスしてもらえて何よりです。

どんな人が来るんですか?
普通の人・・・?
えっ?・・・10代も・・・。

あ「もぉ~何してるの。この変態・・・(笑)」
ジ「その変態を呼び出したのはアナタです・・・(心の声)」

最初は一杯だけと言っていた、あすかさん。
ジロは何杯か飲みたいので、あすかさんもおかわりいかがですかと・・・。

あ「飲もうかな・・・」
ジ「飲むんかい!(心の声)」

あ「ほんとに、どんなことするの・・・?」
あ「ライトなコースとかあれば・・・・・」

と言いながら、目が潤んできている、あすかさん。

ジ「ライトはねぇ・・・(心の声)」

ハッ?!
思わず、ライトなコースを考えようとしてる自分が居ました。

ジ「もう〇時なので、時間足りないんですよね・・・」
あ「そうよね・・・」

と言いながら、チラチラと眼を合わせつつ自問自答してる?

あ「いやいや・・・ムリムリ・・・」
ジ「葛藤しとるな・・・(心の声)」

お酒の影響もあるのでしょうね。顔も赤く紅潮してきました。
時折、ジ~と見つめられては逸らされて・・・。

会話しながらも、なんだか疑似的に交わっている感覚に陥ってきました。

ジロのジロたるジロ自身が・・・ムクムクと反応を・・・。

ジ「いやいや・・・(心の声)」

こういうのも、たまには良いかも・・・。
少しお酒飲んでエッチな話で気分を高めながらも、するのかしないのか曖昧で・・・
何となくその姿を想像しあっているような、牽制しあっているような、この感じ。

結局、そのまま健全解散ですけどね(苦笑)
非日常体験ができて何よりです。

ジロは悶々として帰ることになりましたけど・・・。
 
ジロに協力してもらいたい女性は、こちら

by maxorgasm | 2018-09-14 23:01 | Comments(0)

ジロです。

初のリピート体験談をつづってまいりたいと思います。
今回のお相手は、りりこさん(仮名)。10代後半の学生さんです。
「ジロさんの施術ハマっちゃいました。また・・・」と再度のエッチな願望に応えるため。

今回も車で迎えに行きます。

ジ「こんにちは。」
り「こんにちは。」

あれっ?!
雰囲気変わった・・・?

ジ「前と変わった?なんか大人っぽいね。」
り「ちょっと頑張ってみました」

初回体験から約2週間経過しただけでしたが・・・
服装だけじゃない気もしました・・・
(やはり伸びしろがあるんでしょうねぇ~ 笑)

なんか、こっちが緊張してきた・・・(苦笑)

り「彼氏と別れたんです!!」
ジ「えっ?!」


り「あっ?!でも嫌いで別れたわけじゃなくて・・・一旦友達に戻ったみたいな・・・」

そうなんですね・・・(汗)
とても明るく話すから、ビックリしちゃいました・・・

前よりリラックスしてくれてるので、良しとしましょう(苦笑)

ホテルに到着して室内に入っても変わらない様子だったので

ジ「今日は身体洗ってもいい?」
り「・・・、はい・・・」

ジ「よし!!(心の声)」
そこからは、マッハの速度でお風呂の準備をしたのは言うまでもありません。

ジ「まずは身体洗ってもらっていい?」
り「えっ?!」

戸惑いながらも対応してくれます。

り「は・・・恥ずかしい・・・」

と言いながらも優しいタッチで丁寧に洗ってくれました。

り「もう・・・いいですか・・・?」

大事な箇所を残して、そんなこと言うので

ジ「駄目です!ココもお願いします。」

見えないように背中側に回りこみ、手探りで優しく洗ってくれました。

ここからは、交代です。

椅子に腰かけてもらい、首筋から肩、腕にかけてゆっくり洗っていきます。
そのあとに背中やお尻、お腹ときて胸へと続けていきます。
胸は敏感な箇所なので、少し吐息が漏れてきますね・・・。

下半身もしっかり洗って、最後に女性器へ。

り「はぁ・・・んっ・・・」

感度がとても良い、りりこさんです。
ここでは控えめにして、一通り流してから一緒に湯船につかってると、あることにジロは気づきます。

ジ「湯船のへりに座ってもらっていい?」
り「えっ・・・」

素直なりりこさんは、ジロに言われるがまま湯船のへりに座ります。

ジ「そのまま股開いて、足はへりに乗せて。」
り「えっ?!」

そう!
丁度よい高さで、M字開脚できることに気づいたのです。

恥ずかしさのあまり、閉じようとする脚を押さえつけながら、することは一つです!!

そう!
クン二の開始です。

最初は、鼻でツンツンしたり吐息を女性器に吹きかけたりして・・・

り「いや・・・はぁ・・・いや・・・んっ・・・」

身体を洗ってる際の高まりと、これからされる行為への期待による高まりで、硬直した
身体から少しずつ力が抜けていきます・・・

クリトリスを包皮ごと口に含み、舌全体で優しく舐めていくと

り「あっ!・・・あんッ!!・・・いやっ!・・・あんッ!!!」

さらに、一定のスピードで継続していきます。

り「あっ!・・・ダメッ!!・・・いやっ!・・・ダメッ!!!」
り「いや!・・・ダメッ!!・・・ダメッ!・・・ダメェ・・・

快感の余り、崩れ落ちそうになっている、りりこさんです。
ここまでにしておいて、お風呂から上がり少しベッドで涼みます。

そして再開。
良い反応だったので、さっきの続きでクンニから始めます。

り「あんっ!・・・ダメッ!!・・・あんっ!!」

腰を振り逃れようとしますが、今回も逃しません。
がっしりと両手で腰を抑え込み、動きを最小限にしておいて
クリトリスをバキュームしてロックオンし露出した先端を舐めていくと

り「あっ!!、いやぁ!!」

すかさず、指を1本挿入してGスポットの愛撫。
さらに裏Gスポットを愛撫していくと

り「あぁん!!ヤバぃ・・・!!!イキっ・・・・・!!!」

前回の最後と同一反応まできました。
さらに、指での裏Gスポットへ高速連打。

ジ「アタタタタタタタタ!!アタァァ!!!(心の声)
(それ古いね)

り「あぁ!!ダメっ、ダメ!!イク!!!」

エビ沿った上体が一瞬止まり、ビクビクッツと痙攣がきました。
あれっ?!外イキよりも前に・・・

ジ「中イキしちゃったね・・・。」

り「はぁ・・・はぁ・・・えっ?!・・・」
り「今のはなんとなく判ったかな・・・・」

まだ息を整えながらも、恥ずかしそうに答える姿が可愛らしいですね。
その後、男性への攻めを練習したいとの、もう一つの要望のため攻守交代。

ジロの愚息を手に取りながらも直視ができず

り「お・・・おっきぃ・・・は、恥ずかしい・・・」
ジ「頑張って・・・」

とはいえ、どうして良いものかと戸惑っているので
ジロからフェラに関する少しばかりのアドバイスを送ります。

少しずつで良いんです。
一生懸命に対応している姿勢だけで気持ちよく感じてくるものです。

ただ、ジロも少し手持ち無沙汰になるので

ジ「お尻をこちらに向けて顔にまたがって」
り「えっ?!・・・はい・・・」

りりこさんの女性器を眺めながら、継続して対応してもらいます。
良い眺めなんですけど、見てるだけでは我慢できなくなり・・・

鼻でツンツンしたり、キスしてみたり。
そのたびに、りりこさんがピクッ、ピクッと反応して動きが止まります。

ジ「続けて!」

ちょっと感じてる状態でも続けようとする姿に、やっぱり我慢できなくなり・・・
ペロペロ、チュパチュパ

り「はぁ・・・はぁ・・・ダメェ・・・・・・・・・・」

動きが止まり崩れ落ちる、りりこさんです。

ジ「挿れようか・・・?」

無言でうなづく、りりこさん。
ゴムも一緒につけて挿入するも苦しそうなので今回は断念。

でも、その次は無事外イキ、中イキ、連続イキ達成。ジロもイっちゃいました。
初回体験では様子見で時間が過ぎることも多いので、できれば複数回体験してもらえると、ジロ的には助かります。


性感マッサージ体験されたい方は、こちら

by maxorgasm | 2018-09-14 22:53 | Comments(0)